経営戦略

社長が元氣になれば会社は良くなる。

中小企業の経営戦略

日本の法人は約99%が中小企業です。
その中小企業の経営者は日々本業の営業に追われながら、人事管理や資金繰りの手配をしていかねばならず、そのマネジメントの手腕により会社の将来が大きく左右されます。
創業間もない頃は資金繰りに四苦八苦し、利益が出てくれば頭の痛い「税金」の問題を避けては通れません。
そして、後継者問題を考える頃になると評価の高くなった「自社株」対策が必要となります。
会社法の変更や、毎年変更される税法などの膨大な情報の中から、現状の自社にとって重要な情報は何なのかを見極める必要があります。


企業の継続が求められる中小企業にとって、現状の分析をし、
自社の課題を明らかにすることで、今、何をすべきなのかが明らかになります。
SBCでは、それぞれの企業のステージに見合った情報の提供
財務コンサルティングをご提案させていただきます。


経営戦略メニュー